ー最新情報ー

8月10日、菊池事件「再審開始を」めざす2万8292人分の署名が熊本地裁に提出されました。

(以下朝日新聞から)

 元患者たちが起こした国家賠償請求訴訟では昨年2月、特別法廷は法の下の平等に反するなどとして違憲とする判決を熊本地裁が出し、確定した。弁護団は11月、各地のハンセン病療養所入所者や支援者ら全国約1200人を請求人とする再審請求書を熊本地裁に提出している。

(今回の署名提出について)ハンセン弁護団の国宗直子弁護士は、これまでの判決を受け止めた形で(菊池事件の)裁判がやり直されなければならない。隔離政策を問う集大成になる」と話した。署名は今後も集め、次回は男性の命日にあたる9月14日に提出する予定。

 

 事件について関心を高めてもらうため、再審をめざす弁護団は全12回の連続公開講座をユーチューブで開く。第1回は20日に開き、来年7月まで。弁護士や国立療養所菊池恵楓園入所者自治会の志村康会長らが語るほか、熊本や東京で集会もする予定。受講無料で、アーカイブ視聴もできる。

 国宗弁護士は「当時、直接の差別をしたのは一般市民だった。よく知らなかったからというのもあったと思う。そういうことが繰り返されないよう立ち上がっていくことが大事だ」と呼びかけた。(堀越理菜)

 

https://digital.asahi.com/articles/ASP8B71RBP8BTLVB006.html

 

​                                            菊池事件の再審開始を求める署名をお願いします!!

 菊池事件は、無らい県運動が全国的に展開されていた昭和20年代、熊本県の要請でハンセン病患者の調査をしていた、村役場の職員が殺された事件です。この職員に「ハンセン病患者」と通報されたFさんが逆恨みし、殺したと疑われ、逮捕・起訴されました。非公開で開かれた特別法廷は、「消毒液のにおいが立ちこめ、被告人以外は白い予防着を着用し、ゴム長靴を履き、裁判官や検察官はゴム手袋をはめ証拠物を扱い、調書をめくるのに火箸を用いた」と言われます。ずさんな裁判の結果、1962年9月に死刑が執行されました。

 2020年2月26日の熊本判決で再審請求が棄却されましたが、療養所の中で非公開で開かれた特別法廷については、憲法違反という判決が出ました。憲法違反があり、死刑にされた人がいるのに、その解決法が示されていません。このため、国民一人一人が直接裁判所に再審を求める、国民的再審請求が11月13日、熊本地裁に提起されました。これは憲法を守るための行動であり、ハンセン病に対する偏見差別を是正するための行動です。

【署名送付先】

〒860-0078

熊本市中央区京町2丁目12番43号

熊本中央法律事務所 伊藤京子 宛

菊池事件署名用紙.jpg
菊池事件署名チラシ表.jpg
菊池事件署名チラシ裏1.jpg
【チラシ】菊池事件の全面解決に向けたシンポジウム.jpg

このページの上のアピールをクリックすると、ハンセン病家族訴訟勝訴2周年のページに移ります。

               ハンセン病問題に関心を寄せる全国の皆さまへ(お願い)

                  家族訴訟へのメッセージをお寄せください!!

 ハンセン病家族訴訟から2 年の今、皆さまお一人お一人の家族訴訟への思い、家族の皆さんへの応援メッセージ、私の訴えなどをお寄せください。皆さまのご協力をお願いいたします。これまでのメッセージはアピール面に載っていますので、ご覧ください。

 アピールは締め切りました。

  

◆ハンセン病家族訴訟応援団のfacebookです。

   最新情報が入手できます。今すぐ「いいね」をクリック!!

   https://www.facebook.com/familysupporter

◆ハンセン病家族訴訟弁護団のホームページ

   https://hansen-kazoku-sosyou.jimdo.com

◆「菊池事件再審をすすめる会」のホームページ

   ・署名用紙がダウンロードできます。

   ・訴状がダウンロードできます。

   ・メルマガのページを作りました。これまでのメルマガもご覧になれます。

   http://www5b.biglobe.ne.jp/~naoko-k/kkchindex.html

​―首都圏市民の会とは―

首都圏においてハンセン病問題に取り組んでいこうとする人々をゆるやかに つなぐネットワークが、「ハンセン病首都圏市民の会」です。 
ハンセン病問題はまだまだ解決はしていません。 

私たちが考え続け、越えなければならない課題は、様々あります。 
・ハンセン病問題に関する情報交換をする 
・ハンセン病問題に関する学びを深める 
・ハンセン病問題に関する行動を共にする 

といった活動をしています。

代表   森元美代治
副代表  S.ショージ、川邊嘉光
事務局  
酒井義一(事務局長)・浜崎眞実(事務局次長)、須賀力(事務局次長)

斉藤邦彦(名簿管理)、塩田光子(会計)、塩田恵(庶務)、村上絢子(庶務)、

八重樫信之(HP)

 

 

ハンセン病首都圏市民の会  

【連絡先】 〒157-0061   東京都世田谷区北烏山4-15-1   sakai@zonmyoji.jp   https://sakai12.wixsite.com/mysite 

​―連絡を取る―

ハンセン病市民の会のイベントではいつでも参加者を募集しています。何か気になることがありましたらお気軽にご連絡ください。

ありがとうございます!メッセージを送信しました。